翻訳資産・自動翻訳活用支援

翻訳データを自動翻訳で活用

御社に蓄積している翻訳データを自動翻訳ツールで有効活用、会社の資産として継承させます。用語統一、翻訳の効率化、ブランドイメージの確立に繋がります。

翻訳資産と自動翻訳

自動翻訳が進化した今日、自動翻訳サイトにアクセスすれば誰でも簡単に翻訳できる時代になりました。

これまでは、人の手によって専門用語や特殊表現の適訳が吟味され、担当者から担当者へ継承されてきました。そのため、商品名や製品機能などの定型表現は同じ表現(対訳)に統一されます。

しかし、自動翻訳サイトや翻訳ソフトで自動翻訳にかけると、前後の文章や使用する翻訳エンジンによって違う対訳が表示されたり、同じ文章内で何通りにも訳出され訳語が統一されないということが起こります。

つまり、これまで蓄積してきた翻訳資産が自動翻訳には反映されないということが起こります。

自動翻訳は使えない?

自動翻訳を使って翻訳する場合でも、自動翻訳を使いこなす方法を知ることで、これまで使ってきた対訳で翻訳させたり、文章内で用語を統一するなど、時間と労力がかかる翻訳業務を効率化できるのです。

自動翻訳を使いこなす方法 例①:誤訳を未然に防ぐ

  • 原文を機械が訳しやすい文章に修正してから自動翻訳にかける(プリエディット)
  • 翻訳結果を修正(ポストエディット)、自動翻訳の翻訳メモリに蓄積して、
    翻訳メモリを育てる。

自動翻訳を使いこなす方法 例②:用語の統一

  • 統一したい対訳を決める(用語集にまとめる)
  • 用語集を自動翻訳ツールに登録して使う
  • 社内で使用する自動翻訳ツールを限定する
  • 社内だけでなく社外の翻訳会社や通訳にも用語集を共有し用語を統一する

自動翻訳を使いこなす方法 例③:過去の翻訳結果と一致させる 

  • 原文と翻訳文を自動翻訳ツールに登録する(翻訳メモリ)
  • 翻訳文の誤訳や訳抜けをマメに修正してデータベースに登録し翻訳メモリを育てる
  • 原文の表現もなるべく一致させる(類似した表現だと翻訳精度が安定する)

自動翻訳ツールの活用、翻訳データの資産化には手間のかかる管理・運営業務が発生します。

社内に翻訳の専任者をおけない、語学力を持つ社員が不足している、だから自動翻訳を使いたいのに、用語登録や翻訳データの修正など翻訳メモリの保守管理が必要なんて・・・

昨今のAI翻訳は膨大な翻訳データを学習させて翻訳精度をカスタマイズできることが特徴です。例えば、そのまま使っているだけでは、定型表現を毎回決まった訳語で訳出させることはできません。自動翻訳をかけた後、人間の手によって行われるチェック(ポストエディット)で、用語を統一したり、誤訳を修正する手間が増えることになります。多くの方が、業務には使えないと感じるのはこの理由からなのです。

しかし、この日本語にはこの対訳という具合に、あらかじめ統一したい用語を決めて自動翻訳ツールに登録しておけば、自動翻訳は指定用語を最優先にして翻訳をしてくれます。前後の文章で別の用語に自動翻訳された場合も、修正した結果を登録すると次回は間違えなくなります。

指定用語の登録や自動翻訳結果の修正作業は、語学力および翻訳訓練を受けた専門家でないと難しい作業です。翻訳の専門家を社内に常駐させずにアウトソースすることで、語学力が不足していても翻訳業務を円滑に、効率化することが可能です。

用語集・翻訳メモリは、さまざまなツールと互換性のあるデータ形式で保管できるので、外部業者にも管理ができ、外注先が変わっても継承していくことができます。

導入のメリット

最適な自動翻訳ツールを選定できる

自動翻訳や翻訳支援ツールを熟知しているエーワンが、世にあるさまざまな自動翻訳ツールから、御社の翻訳の目的やボリューム、付随作業の対応可否を考慮して、最適なツールを選定、運用管理するお手伝いをします。

せっかく導入した自動翻訳ツールを宝の持ち腐れにさせません。

翻訳データを資産化できる

これまで蓄積してきた対訳データや翻訳メモリは、保守管理をして始めて資産となります。

エーワンが翻訳データを資産化する仕組み作りをお手伝いするので、自動翻
訳を有効活用しながら、誰が・いつ・何を使って翻訳しても変わらない翻訳品質と、翻訳業務の効率化が実現します。

コア業務に集中できる

自動翻訳ツールを有効活用するには、用語集のメンテ、 翻訳メモリの最適化(翻訳結果の校正)などの付随業務が発生。

これらの専門的な業務をエーワンに委託することで、社員が本当に必要なコア業務に集中できるようになります。

.

選べる3つのプラン(例)

12ヶ月で翻訳資産を自動翻訳で活用する体制構築をサポートします。

自動翻訳ツール選定
サポートプラン
自動翻訳有効活用
サポートプラン
翻訳の資産化
トータルサポート
プラン
最適ツール選定支援
用語集管理、自動翻訳ツールへの登録作業
プリエディット・ポストエディット
対訳データの修正・自動翻訳ツールへの登録作業

※価格は翻訳物のボリュームなどにより相談して決定。